PAGE

2012-04-05

たった「穴あけ」


二日連続投稿でーす。どもー!ジョニーです!

このブログ、結局私的なことばっかり書いてしまっていて、
工場のことやものづくりのことについて触れていなかったので、
今回は「ものづくり編」です!


うちの機械加工では、この「穴あけ」がいたるところで登場します。
どこの鉄工所でもそうでしょうが。。。

今日は、ボール盤での穴あけをしました。

単純に「穴あけ」といっても、結構手順踏むものなんですよ!

まず、ボール盤に作業しやすいように治具をセットして、(これって結構センスいるんですよね…)
下穴をあけてから、正規の径で穴をあけます。
この時、材質と穴径などからキリの回転速度などを合わせます。
これが合わないと、キリが焼けてしまったりするんですよね。
また切れ具合を見ながら、キリも研ぎなおしたりします。(これまた難しいんです…)
ステンレスなんかは切削油を使いながらするとスムーズに切れるんですよ!
最後には面取りして。


僕は、溶接と同じくらいこのボール盤での穴あけが結構好きなんですよね!
面が取れた穴も、なんか美しさを感じてしまうのですw
立ちっぱなしの作業なんで、腰にくるんですがw
いっつも作業をしながら、奥が深いなーと実感しています。
されど「穴あけ」ですね。


今日みたいに、工場での作業なんかもご紹介していけたらと思います!
それでは!