PAGE

2012-07-30

進化の種


どもー。ジョニーです!
えー、無事にインターンシップが終了しました!!
インターンシップに参加してくれた学生さん、お疲れさまでした〜!
今日は、その怒濤の一週間について、思い出しながら振り返りたいと思います。

初日に学生さんにあったときは、緊張している空気がしっかり伝わってきたので(笑
出来るだけいっぱい会話をして、早く黒木テックになじんでもらおう!と心に決めたのでした。
僕もインターンシップに行ったときは初日はガチガチで、4人の学生をみるとそのときの自分が思い起こされました。

一週間の実習内容ですが、インターンシップを受け入れるのはなんせ初めてなもので、試行錯誤しながらの一週間でした。
ポルトに視察に行ったり、部品の設計製図をしてもらったり、勉強会に参加してもらったり。
その他にも、これからの黒木テックを見据えて、いろんなことをやってみました。

ほんとうに、この一週間毎日面白かったんですが、
そのなかで一番よかったのが、やっぱり最終日でしたね!
初日と比べて緊張がほとんど感じられなくなっていて、楽しく最終日を過ごせたのが印象的でした。このままもう少し一緒に仕事したら、もっと面白いことができるんじゃないかと何度も思い、寂しかったですねー。

これだけ言えるのは、やっぱり学生さんが一週間精一杯頑張ってくれたからなんです。
本当に感謝の気持ちでいっぱいですね。


黒木テックは、学生さんを受け入れた5日間、間違いなく「変化」しました。
それも、ガラッと音を立ててかわったように。
こういう「変化」は、「進化の種」だと僕は思います。

このインターンシップというのは、高専生活で言えば、5年間のうちのたった5日間です。
けどこのインターンシップのたった5日間が、学生さんのこれからの進路や人生で、大小問わず何かの「変化」を生み、今後の「進化」のきっかけになれば幸いです。


さー週明けて、今日月曜日からフレッシュな人間がまた減りましたが(笑
また今日からしっかり働いて頑張りますよ!!!

学生さんも達者で!またどこかで会う日まで!!
それでは〜