PAGE

2013-09-30

【製作編】鈑金"猫"!


どもー。最近やっと秋らしくなってきましたねー。 言っているうちにすぐ冬が来るんでしょうが。。 なんとも今年は厳冬らしいですよ。。。
さて、今回は製作編です! 頭部を中心に詳しく解説していきますのでどーぞー!



まず展開図から部品を切出していきます。 曲げに関しては、治具でも作って均一に曲がるよう工夫すれば正確にいくのかもしれないですが、無駄に時間もかけてられなかったので、図面にあてがいながら"感"で叩いて曲げていきました。 叩くところ、強さ、間隔などが大事ですね。 この頭は12枚の板部品で出来ているので、全部つなげるとそこそこ丸く見えることから、この曲げ加工のみで部品としての製作は終了です。


一方胴体の板部品は6枚しかないので、それぞれふくらみを持たせるように鈑金加工を行います。 じゃないと、丸みがでないので。 12枚にすると溶接量が多くなり、さらに部品が細くなるので溶接もシビアになることから、胴体は6枚で作りました。 和同開珎みたいな丸いのは、胴体底部に仕込んだ6mmの板材です。 結局本体はタップして固定したんですが、最初の構想では台座に棒を立ててそこに突き刺して固定しようと思っていたので、中央に穴が開いています。


話は戻りまして、あとはそれぞれを溶接していくだけなんですが、まずは仮付で形にしていきます。 薄くて形状もそこまで正確ではないので、わずかな隙間があるとすぐばっと穴が開いてしまうのと、この仮付けをするための板どおしの固定方法がやっかいなので、いろいろ気を使いながらの作業です。


とりあえず半分ずつで仮付&本溶接をしていきます。 見ていただけるとわかるんですが、この板部品の切出し方法だと、トップとボトムが細く面積の小さい部品の集まりになってしまうのです(泣 そのため普通に溶接すると一気に熱が入るので、先っぽがばっと溶けてしまうのです。 そこをうまく工夫しながら溶接するのが楽しいんですよねー!


ちょっと横着してボンデ鋼鈑の表面処理を落とさず溶接したんでやりにくかったです。 電気亜鉛メッキが施されているので、そのまま溶接するともちろん溶接的には×です。 ブログを見た良い子のお友達は、溶接部分の表面処理はしっかり落としてから溶接しましょう。(笑 


で、耳をつけたらこんなになるわけです! ちなみに耳のエッジは低い電気で丸めているのもミソです。 耳と頭を溶接するときに、耳の中に溶接がわざと出ないように電気を調節したのも気を使った点ですね。 この耳を含めた頭部の製作だけで1日使ってます。

とこんな感じで、"猫の頭の作り方"お分かりいただけたでしょうか(笑 ただの1mmの鉄板からこうやって形にするのって、ほんと自分でやってても魔法みたいやなと思います。 でも時間が掛かっている魔法なんで、その分製作者の思いがいっぱいつまった魔法なんです。 すばらしきものづくりの世界です。

それではー!