PAGE

2013-11-05

チェーンガイド加工

 

どーも。前回の岡山走行のお話を書きたいんですが、ゆっくり書ける時間がないのでパパっとかけるものから書いていくことにします!
てことで今回は、モタードの定番であるチェーンスライダーの加工をしたのでそのことでも!

モトクロッサーやそれベースのモタード車の多くは出荷状態ではおそらく上の写真のように、チェーンスライダーを固定してあるボルトは、外から内へ通してあるのではないでしょうか。  DR-ZもYZもこうなってました。 これでは、モタードの太いタイヤが組み込まれたホイールが取り外しにくいのです。 DR-Zではこのボルトの向きを変える方法をとって簡易的にクリアランスを増やしています。加工できない&したくない人はそれで十分でしょう。 しかし取り付けや取り外しの時に、ゆーっくり傷つけないように気をつかいながら作業するのが無駄なので、YZのチェーンガイドは初走行前のタイヤ交換の際に一緒にある加工をしてしまいました!

 
それが、"皿取り"という加工です! ザクリ加工の一種で、穴に90度の面取りを行い皿ネジの頭が表面からでないようにするときに行う加工です。 うちではよく、「ここ○○mmの穴空けて皿とっとけ!」てな感じで使われます(笑) 皿リベットを使用するために皿をとることがうちでは一番多いですかね。 
加工自体はなんてことない作業なんでパパッとやっちゃいます。 アルミはやわらかいのでこういう加工は楽でいいですね。


よってどうなるかというと、こうなります(笑)
これでクリアランスがしっかりとれるのと、突起物がなくなるため、比較的楽にリアタイヤを取り付け・取り外しができるようになりました! いやー、先人の知恵はすばらしい! 現在YZのリアには4.5インチが収まっているのですが、これで5インチもすんなり試せる?!のでしょうか。 といえども5インチなんて夢のまた夢ですが。

それではー!